元国語教師が教える、読点の使い方。例文付きで徹底解説します

元高校国語教師、現Webライターの佐々木です。

この記事は、読点の使い方で悩んでいるあなたのための記事です。

あなたは小論文に取り組む高校生かもしれませんし、就職活動の志望理由書に追われる大学生かもしれません。もし執筆を生業にしているライターさんだったら、ちょっと緊張します。

上記のどんな方にとっても、面白く、かつ、ためになるように執筆しました。この記事を読めば、読点の使い方がわかるはずです。

目次

読点の使い方で文の「意味」が変わる!

何よりも理解していただきたいのは、読点のあるなし・読点の位置で、文の意味まで変わってしまうということです。僕が口で説明するよりも、実感していただく方が早いでしょう。以下の例文1を読んでみてください。

例文1
刑事は血まみれになりながら逃げた強盗を追いかけた。

ここで質問です。

血まみれになっているのは、刑事でしょうか? それとも強盗でしょうか?

 

答えは、「この文からは判断できない」です。

刑事が血まみれになりながら追いかけたのかもしれませんし、強盗が血まみれになりながら逃げたのかもしれません。この文は、どちらとも取れる「悪文」です。

ちなみに、こんな「どっちともとれる」ことを「二意性がある」なんて言います。余談ですが、「どっちともとれるよー」と言うより、「この文は二意性があるね」と言った方が頭よさそうに見えるよなと、個人的に思っています。

話を戻します。以下の例文2を読んでみてください。血まみれになったのは、刑事でしょうか?強盗でしょうか?

例文2
刑事は血まみれになりながら、逃げた強盗を追いかけた。

 

この例文2を読むと、血まみれになっているのは刑事だと判断できます。読点を打っただけなのに、です。

さらに例文3を読んでみましょう。

例文3
刑事は、血まみれになりながら逃げた強盗を追いかけた。

 

この例文3なら、血まみれになったのは強盗だと判断できます。こちらも、読点を打っただけなのに、です。

こんな風に、「読点のあるなし・読点の位置で、文の意味が変わってしまう」んです。3つの例文のどれも、読点以外には変更を加えていません。読点がとても大切だということを、まずはご理解いただけましたか?

読点の使い方は、好みでもある

文の意味まで変えてしまう読点ですが、読点の使い方の厳密なルールはありません。特に小説やエッセイだと、みなさんフリーダムに読点を用いています。
僕の知る限りもっともフリーダムに読点を駆使している文豪の、とある一節を紹介します。

でも、私みたいな女は、やっぱり、恋のこころがなくては、結婚を考えられないのです。私、もう、大人なんですもの。来年は、もう、三十。

(読点、多いなあ…)と思いましたよね。正直、僕もそう思います。ちなみにこちらは、太宰治『斜陽』から引用しました。

「あの太宰治ですらこんな読点の使い方をするなら、読点なんてもう自由でええやん!」とお思いでしょうか? そう言い切るのは早計です。ここで、読点についての僕の見解を述べます。

「表現技法としての読点」は自由でいい。しかし、「わかりやすい文を書くための読点」にはルールがある。

ここからは、「わかりやすい文を書くための」読点の使い方をお話しします。

ちなみに、僕は太宰治が好きです。

読点の使い方2大原則

読点の使い方に、厳密なルールはありません。

しかし、ビジネス文書・小論文・志望理由書などの「わかりやすい」文章が求められる場においては、「最低限ここには読点を使いたい」という原則があります。この章では「最低限ここには読点を打つべし」という2つの原則をご紹介します。

長い修飾語が2つ以上あるとき、その境界に読点を打つ

1つ目の原則は、「長い修飾語が2つ以上あるとき、その境界に読点を打つ」です。

(修飾語…? 学校で聞いたことあるような…? いや、わからん…)というあなたのために、まずは修飾語について説明します。

修飾語とは、ある言葉を詳しく説明するための語句のことです。

たとえば、「美しい花」の修飾語は「美しい」です。「美しい」が「花」を修飾しています。

―――かんたんすぎましたか? もう少し長い修飾語の例を出しましょう。

「会社のデスクに置いてあるパソコン」という文において、「パソコン」を説明する修飾語はなんでしょうか?

 

答えは「会社のデスクに置いてある」です。「会社のデスクに置いてある」が「パソコン」の説明になっていますよね。

ここから本格的に、読点の2大原則がひとつ「長い修飾語が2つ以上あるとき、その境界に読点を打つ」の説明に入ります。

こんな文章、あなたはどう思いますか?

例文1
会社のデスクに置いてあるミスターチルドレンのステッカーが貼られたパソコン

 

読みにくいですよね。一瞬「ミスターチルドレンが会社のデスクに置いてあるの?」と驚いてしまいます。この例文が読みにくい理由は、「パソコン」が2つの長い修飾語で説明されているにもかかわらず、読点が使われていないからです。

この文の2つの長い修飾語とは、

  • 会社のデスクに置いてある(パソコン)
  • ミスターチルドレンのステッカーが貼られた(パソコン)

です。

さあ、2つの長い修飾語の「境界」に、読点を打ってみましょう。

 

例文2
会社のデスクに置いてある、ミスターチルドレンのステッカーが貼られたパソコン。

途端に読みやすくなりました。きっともう誰も、会社のデスクにミスターチルドレンがいるとは思わないはずです。こんな風に、「最低限」読点を使いたい場所は「長い修飾語が2つ以上あるときの、その境界」と覚えておきましょう。

 

練習問題を用意しましたので、以下の文のどこに読点を打つべきか、考えてみてください。

練習問題
たかし君がこの前話していた米津玄師が最近リリースしたばかりのものすごく感動する曲。

よ、読みにくい…。読点を使って、読みやすくしてみてください。ヒントを出すと、修飾される語(被修飾語なんて呼びます)は「曲」です。

 

正解はこちらです。

練習問題の答え
たかし君がこの前話していた、米津玄師が最近リリースしたばかりの、ものすごく感動する曲。

「読点、2つなのかよ!!」と思いましたか? そう思ったあなたは、もう一度「読点の2大原則」を見直してみましょう。

長い修飾語が2つ「以上」あるとき、その境界に読点を打つ

今回の例だと、「曲」の修飾語は3つあります。

  • たかし君がこの前話していた(曲)
  • 米津玄師が最近リリースしたばかりの(曲)
  • ものすごく感動する(曲)


これら3つの長い修飾語の境界に読点を打つことで、読みやすい文になるわけです。

短い修飾語を先に述べる場合に読点を打つ

2つ目の読点の原則は、「短い修飾語を先に述べる場合に読点を打つ」です。

論より証拠。以下の例文を読んでみてください。きっと、少し読みにくいんじゃないでしょうか。

例文1
たかしくんが私が小学校の頃から好きだったマイちゃんに告白した。

一瞬、(たかしくんが私が?)と二度見してしまいますよね。(例文1が読みにくいのは、助詞『が』が連続してるからでもあるんですが…)

例文1の修飾語は、

  • たかしくんが(告白した)
  • 私が小学校の頃から好きだったマイちゃんに(告白した)


の2つです。

例文1のように、長い修飾語よりも短い修飾語が先に来る場合、その境界に読点を打ちましょう

例文2
たかしくんが、私が小学校の頃から好きだったマイちゃんに告白した。

これなら意味がスッと入ってきます。

なぜか?

あくまでも基本的にですが、長い修飾語から先に伝えた方が、日本語は読みやすいとされているためです。これもちょっと例をみてみましょう。以下の例文3は、長い修飾語から先に伝えた文です。長い修飾語から先に伝えていれば、読点がなくても意味が通ります

例文3
私が小学校の頃から好きだったマイちゃんにたかしくんが告白した。

 

この記事のメインテーマは「読点」なのですが、この「長い修飾語から先に伝えたほうが日本語は読みやすい」というライティングのルールは結構大切なので、いくつか例を提示します。

例文4

例文4ーA:「硬いアスファルトの隙間から」「美しく」咲いた花
例文4ーB:「美しく」「硬いアスファルトの隙間から」咲いた花

例文5

例文5ーA:「Amazonのセールで買った」「50型の」テレビ
例文5ーB:「50型の」「Amazonのセールで買った」テレビ
例文6

例文6ーA:「文章が上手になるための」「2つの」テクニック
例文6ーB:「2つの」「文章が上手になるための」テクニック

例文4から6まで、どれもAの方が読みやすいはずです。その理由は、長い修飾語から先に伝えているからなんですよね。あなたが文章を書く機会があるなら、このルールは覚えておきましょう。

とはいえ、短い修飾語から先に伝えたいときもあります。短い修飾語から先に伝えたいときには、読点を打つのです

よく使われる場面は、

私は、〜〜〜

なんて風に、まずは主語をズバッと言いたいときなんかですね。

まとめ

この記事では、読点の2大原則をご紹介しました。

  • 長い修飾語が2つ以上あるとき、その境界に読点を打つ
  • 短い修飾語を先に伝えるときに読点を打つ


これら2つのルールを、僕は『日本語の作文技術』という本から学びました。著者は元朝日新聞記者の本多勝一さん。読点の使い方だけでなく、正しい語順・助詞の使い方・記号の使い方など、読みやすい文章を書くためのあらゆる技術が紹介されています。

読みやすい文章を書きたい全ての方に、元高校国語教師の僕が、胸を張ってオススメできる本です。

役に立ったらシェアお願いします!
目次
閉じる